早瀬 元

プロフィール

Gen Hayase, PhD東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教。京都大学博士(理学)。ゾル−ゲル法を用いて合成する有機-無機ハイブリッドゲルやナノファイバーより成る巨視的な構造体の研究に、独立した研究者として取り組んでいます(居室・実験室はAIMR居候)。詳細はresearchmapをご覧ください。

研究キーワード

無機化学・有機-無機ハイブリッド・液相合成・ゾル-ゲル法・セラミックス・界面コロイド化学・多孔体・エアロゲル・マシュマロゲル・シリコーン・シルセスキオキサン・ナノファイバー・撥液性・分離媒体・断熱材・接着

共同研究・展示・講演活動について

外部への実験用サンプル提供や共同研究を積極的に行っています。各材料の物性については、密度や柔軟性など細かい条件を狙った設計が可能です(ラボスケールに限ります)。目的に応じて新しい合成法の模索や最適化など、柔軟な対応を行っております。マイクロ合成、ソフトロボティクス、光学測定、画像解析などの研究者との連携に興味があります。

各種エアロゲルマシュマロゲルをはじめとしたモノリス(塊状)多孔体を物理学実験などに使ってみたい方・興味がある方は科学の発展のため、是非声をおかけください。

大学・研究機関の方へ

材料に関するディスカッションや提供には喜んで協力させていただきます。少しでも気になることがあれば悩むよりまずはお気軽にご連絡ください。講演のお誘いもお待ちしております。

教育・博物館関係者の方へ

講演や展示に関してお気軽にご相談下さい。東北から関西までの範囲ならば出張対応も可能です(それより遠方は要相談)。

企業の方へ

大学の研究はボランティア活動ではありません。ビジネスとしての関係をお願い致します。

共同研究・技術相談について

公開済資料の案内が可能です。詳細な技術相談、現在進行中の研究内容の問い合わせについては知財の関係上応じられません。必要な場合はご来訪いただくか、学会発表・講演の場に来ていただく形でお願いします。共同研究契約や寄附金等ご検討ください。

サンプル提供について

すべての材料は文献から再現可能です。実験時間確保の都合上、原則自前での作製をお願いしています。例えばマシュマロゲルの合成法はホームページでも公開しており、企業研究者や学生など多くの方々が再現に成功しています。

例外として、明確な用途をお伝えいただける場合のみ少量サンプルを無償提供いたします(1回限り)。量が必要な場合は、「原料費+30%(大学への間接経費)」に対し2万5千円単位で切り上げた(手数料)金額を寄附金として納めて頂くことで提供可能です(例:「2万円」なら2万5千円、「3万5千円」なら5万円など・応相談)。

国や企業などから頂いた研究費・サンプルを使って作製するため、使途不明もしくは個人的に見てみたい・触って楽しみたいなどの理由では提供できません。

連絡先

このページをよく読んだ上でご連絡ください。実験など作業中は応対できないため必ずメールでお願いします(緊急を除く)。

学会・論文・検索キーワード等きっかけとなった理由を教えて頂けると幸いです。
最低限のマナーを欠いたメール(匿名、タメ語、常識外れの注文、意味不明、金融商品や不動産の営業など※すべて実例)には返信しません。

以上、長々と注意事項を書きましたが、基本的にはどなたでもお気軽にご連絡ください。

980-8577 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1 AIMRラボ棟402(藪研究室)
022-217-6341 (内線6341) ※電話は緊急連絡のみ

仙台マップ

研究室の場所チェック、飲食店情報にどうぞ。