マシュマロゲルの作製

リットルスケールで作製したマシュマロゲル

マシュマロゲルはゾル-ゲル反応により得られます。[1] 再現性が高く、これまでさまざまな大学・企業の学生・研究者が作製しています。

試薬

  • 5 mM 酢酸水溶液: 1500 mL
  • 尿素: 500 g
  • 界面活性剤・n-ヘキサデシルトリメチルアンモニウムクロリド (CTAC): 100 g
  • 3官能性ケイ素アルコキシド: 2.1 mol
  • 2官能性ケイ素アルコキシド: 1.4 mol

プロセス

  1. ケイ素アルコキシド、尿素、界面活性剤を酢酸水溶液に溶解し、30分間攪拌することでアルコキシドの加水分解を促進する。
  2. 密閉容器に反応液を移して(可能ならば電子レンジで短時間加熱・昇温後に)80 °Cで6時間ゲル化・エージングを行う。
  3. 水・アルコールに浸漬して洗浄する。
  4. 蒸発乾燥を行う。
マシュマロゲル作製時の反応

参考文献

  1. Gen Hayase, Kazuyoshi Kanamori and Kazuki Nakanishi, “New flexible aerogels and xerogels derived from methyltrimethoxysilane/dimethyldimethoxysilane co-precursors”, J. Mater. Chem. 2011, 21, 17077-17079. doi: 10.1039/C1JM13664J