Rapsberry Pi 4

投稿者: | 2020年6月30日

メモリ容量が8GBの小型Linux機。発熱に注意が必要なものの、自由度が高い撮影ツールとして活用中です。

Camera Module V2を接続すれば安価な撮影装置になります。raspistillを直接使ったり、cronで定期的にスクリプトを走らせることでインターバル撮影が可能です。また、raspividで公式に200fpsまでのVGA動画を撮影できるため、なんちゃってハイスピードカメラとしても便利です。

raspivid -w 640 -h 480 -fps 200 -ex off -t 3000 -o movie.h264

Camera Module V2はマクロにもそこそこ強いため、水滴等を撮影してImageJで処理すれば、簡易的に液滴接触角を評価することもできます。

PiカメラHQをCマウントカメラとして使用することで顕微鏡撮影も可能です。GPIOピンにタクトスイッチを繋いでキャプチャーしています。