早瀬 元

物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(NIMS MANA) 独立研究者。京都大学博士(理学)。有機-無機ハイブリッドゲルやナノファイバーで構成される塊状(モノリス型)多孔体の作製手法・応用化の研究に、独立した立場で取り組んでいます。高校教科書「化学」・「新編化学」(東京書籍)に掲載。

研究キーワード・主要テーマ

無機化学・有機-無機ハイブリッド・液相合成・ゾル-ゲル法・セラミックス・界面コロイド化学・多孔体・エアロゲル・マシュマロゲル・シリコーン・シルセスキオキサン・ナノファイバー・撥液性・分離媒体・断熱材

筆頭著者・責任著者論文はオープンアクセスもしくはプレプリント・ポストプリントとしてすべてアクセス可能です。

実験環境

基本的な合成用装置や材料作製後の加工装置が充実しています。利用に興味ある方はご連絡ください。(リンク先はレビュー。)

大学関係者へ

学生・ポスドクはNIMS インターンシップ日本学術振興会特別研究員(PD)などで一緒に研究することが可能です。NIMS 連携拠点推進制度もご相談ください。

連絡先

研究で気になることがある方は、「名前」「連絡のきっかけ」を添え、明確な件名で下記にメールしてください。迷惑メール対策のため別アドレスから返信します。

gen@hayase.science

匿名メールには返信しません。金融不動産等の営業や宣伝広告目的での連絡はお断りします。